埼玉県さいたま市の漢方薬局★田中薬局のホームページへようこそ(^▽^)/地域密着型の中医薬(中医学)が得意です!
田中薬局へようこそ!

    HOME    »»    よろずコラム    »»    ストレスと胃腸
喜びの声
お客様の声  1
お客様の声  2
お客様の声  3
お客様の声  4
お客様の声  5
お客様の声  6
 
赤ちゃんが欲しい
生理は大切
生理痛のないライフ
冷えは大敵!
周期法とは?
男性不妊
不妊とストレス
 
皮膚の悩み
美肌漢方
内から美肌スキンケア
外から美肌スキンケア
アトピー性皮膚炎
大人ニキビ
冬の美活漢方
 
更年期
もしかして更年期?
 
生活習慣
メタボリック症候群
突然死
高血圧対策
 
よろずコラム
花粉症と衛気
花粉症★対策室
不安と不眠
ダイエット
熱中症を予防!
あなたの風邪は何色?
顔面神経痛
坐骨神経痛
乾燥の秋
しもやけ
梅雨期の過ごし方
夏冷え解消法!
喘息を治そう
ストレスと胃腸
耳鳴りめまい
認知症




代表的な漢方薬
イスクラ健胃顆粒
イスクラ健胃顆粒
けんいかりゅう
[第2類医薬品]

イスクラ勝湿顆粒
イスクラ勝湿顆粒
しょうしつかりゅう
[第2類医薬品]

イスクラ健脾散エキス顆粒
イスクラ健脾散エキス顆粒
けんぴさんえきすかりゅう
[第2類医薬品]

イスクラ補中丸T
イスクラ補中丸T
ほちゅうがん
[第2類医薬品]
 
開気丸
イスクラ開気丸
かいきがん
[第2類医薬品]

逍遙丸
イスクラ逍遙丸
しょうようがん
[第2類医薬品]

温胆湯うんたんとう
イスクラ温胆湯エキス顆粒
うんたんとう
[第2類医薬品]

晶三仙
晶三仙
しょうさんせん
[健康食品]

五行草茶
五行草茶
ごぎょうそうちゃ
[健康食品]



※漢方薬は医薬品です。
ひとりひとりの体質や症状によってあうものが違います。服用の際は中医学の知識・経験・実績のある漢方薬局、田中薬局までご相談ください。
ストレスと胃腸
ストレスと胃腸 強いストレスを感じたり、ストレスフルな状態が続くと、「食欲不振」になったり「胃が痛い」「おなかがゆるくなる」といった症状から、胃炎や胃潰瘍、胃がんといった深刻な病気につながります。

これはストレスが起因となり、自律神経中枢の働きが低下し、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、胃液の分泌の増加や胃粘膜の生産低下などを引き起こし、自分自身を消化してしまうからです。

鉄をも溶かす
強力な胃酸
なぜ胃は溶けないのか?


胃壁


胃液の分泌量は一日に2000ml以上といわれています。
胃液の仕事は、細菌やウイルスの殺菌、有害物質の分解、及び食べたものの消化です。

空腹時はPh1-1.5ほど、食事中はPh4-5ほどの、非常に強力な酸性で、炭水化物やタンパク質、脂質を溶かして消化します。胃液の中に鉄を入れるとしばらくするとボロボロになりますが、すいかの種やとうもろこしなどは酸で解けない物質セルロースで守られている為、溶けずに十二指腸へと運ばれます。(植物の種はもとより食べられる事を想定している為と思われます)

これほど強力な胃酸が、5ミリほどの薄さの胃を溶かさないのは、胃粘膜があるからです。

胃粘膜は「食べものを食べたよ」という脳からの信号で、胃液と同時に分泌されます。また、胃粘膜自体が強いアルカリ性なため、胃酸が胃壁に触れようとしても直ちに中和されるという仕組みになっています。

しかし、何らかの原因で自律神経が乱れ、脳からの信号が正常に届かないと胃粘膜の分泌が足りない、あるいは胃酸の分泌が多すぎる、といったアンバランスが発生し、胃を溶かしてしまうことになります。
 

食養生
脾(胃腸)を元気にする
おすすめの食べものは・・・
脾を補う食べもの 脾を補う食べもの
  • 鶏肉
  • 牡蠣
  • わかめ
  • 昆布
  • 寒天
  • きのこ類
  • モロヘイヤ
  • オオバコ
  • キャベツ
  • かぼちゃ
  • 白菜
  • アロエ
  • バナナ
  • オレンジ
ストレスを発散する食べもの ストレスを発散する
  • アサリ
  • シジミ
  • はまぐり
  • アワビ
  • レバー
  • ほうれん草
  • うど
  • ふき
  • たらの芽
  • セリ
  • 香菜
  • ネギ
  • クコの実
  • 菊花
  • 柑橘類



胃の病気
 
 急性胃炎(急性胃粘膜病変)
アスピリン系の薬を飲んだ時や、暴飲暴食などで急に胃部が痛くなったり、吐き気や嘔吐が起こります。

 慢性胃炎(慢性胃カタル)
胃もたれ、食欲不振、消化不良、胃部の痛みが頻繁に起こったり、長く続いたりしている状態です。アルコールの摂り過ぎ、不摂生、ストレス、またピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)が原因の時もあります。

 胃下垂
胃の下部が伸びている状態で、へそや下腹部のあたりまで下がってきてしまい、疲れやすい、胃もたれ、食欲不振などが起こります。

 逆流性食道炎
胸焼け、胸の痛みなど。胃液などが食道へ逆流し、食道に炎症が起こって、不快な症状が起こります。

 ウイルス性胃腸炎
ノロウイルス、ロタウイルスなどに感染することにより、嘔吐、軟便~水様便などの胃腸症状が、多くの場合、腹痛を生じながら起こります。発熱を伴うこともあります。

 胃潰瘍
胃痛、胃もたれ、胸焼け、げっぷ、嘔吐、吐血、下血など。自律神経の働きの低下により、胃粘膜が傷つけられる状態です。胃痛が続く場合は、検査を受けましょう。胃に穴があくこともあります。

 胃がん
近年、胃がんの死亡率は減少傾向にありますが、依然として、がんで亡くなる方の部位別としては、胃がんが第2位です。
 


胃腸は脾胃

中医学では、胃など消化吸収に関わる器官を脾(ひ)と呼びます。

脾(ひ)は、統血や味覚・食欲の他、食べものを消化吸収し、栄養物や水分を体のすみずみに送り届ける働きを担っています。

そしてこの脾(ひ)の消化吸収の働きを助ける、疏泄(そせつ)の役割を担っている臓が肝(かん)です。

肝と脾
 
肝(かん)には気のめぐりを調整する働きもあり、通常はストレスや過労による気の乱れも肝(かん)が調整しています。

しかし、例えば肝(かん)の機能が低下していたり、受けるストレスが多かったり、過労が蓄積したりしていると、気の流れが滞り、消化器系の脾(ひ)の働きに影響する事もあります。

滞った気が胃で発散されるとゲップに、腸へいくとおならになり、発散されずに溜まった状態では、膨満感や胸やけといった症状が表れます。

ですので「胃が痛い」「胃もたれがする」といった胃の症状全般に対して、中医学では脾(ひ)肝(かん)の両方が きちんと働いているかどうかを調べ、対応していきます。

 


胃のためにできること

胃の為には、原因を取り除くことが一番です。

薬のせいなら、薬をやめ、アルコールの多量摂取や喫煙、暴飲暴食をやめられれば良いのですが、ただ、ストレスフルと感じていても今の環境をおいそれと変えられない、という方も多いのが実状です。

少しずつ胃腸の働きを高め、胃を丈夫にし、ストレスに負けない健康な毎日を目指す為のポイントをおさえましょう!


 食事を抜かない、腹八分目で三食を食べる

 季節の野菜を、火を通してたっぷり食べる

 冷たいもの、生ものの飲食は控える

 就寝3時間前からは食べない

 充分な睡眠を心がける

 イスに座り、背筋を伸ばして食事する

 ひとくち30回は噛み、唾液の分泌を促す

 香辛料などの刺激の強いもの、味の濃いもの、添加物を避ける

 肥満と便秘は改善する

 空腹時の飲酒を避け、喫煙はやめましょう

 

あなたの体質や症状に合わせた漢方薬をお選び致します。

漢方薬の試飲やサンプルも差し上げております。
お気軽にご相談にいらしてください!
   
 
PageTOP page_top
 
store 店舗案内へ
store 冷えは大敵!
next 花粉症と衛気
store 不安と不眠
store あなたの風邪は何色?